2017.07.31
「アジア回廊現代美術展」
8月19日(土)から二条城と京都芸術センターにて開催される東アジア文化都市 京都2017「アジア回廊現代美術展」に参加します。2014年から続けている「タイルとホコラとツーリズム」というプロジェクトの展示を行います。今回は《一路漫風!》と題し、東シナ海を取り囲む対馬、沖縄、台湾、済州島にフィールドを広げています。
会期:2017年8月19日[土]ー10月15日[日]
会場:京都芸術センター
2017.06.16
「高見島―京都:日常の果て」
6月16日(金)から京都精華大学ギャラリーフロールにて、「高見島―京都:日常の果て」を開催します。APP ARTS STUDIOは高見島での制作で使用した道具や、土産、資料やイラストなどを展示しています。6月18日には新しく制作した小さなおくどさん(かまど)を使って季節の和菓子を作り、来場者にふるまうイベントも開催します。
会期:2017年6月16日[金]~7月15日[土]
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
2017.02.28
「タイル植物園|熱帯植物の観察術」
3月22日(水)から名古屋市東山植物園にて、開園80周年記念事業「タイル植物園|熱帯植物の観察術」を開催します。本展では、植物園内から採取した粘土をベースに、温室内の熱帯植物の剪定枝を灰にした釉薬をかけたタイルを作り出しました。会場ではそれぞれの熱帯植物の観察するために、植物灰釉のタイルを用いた樹名板の作品を発表します。会期中には温室内にて、愛知県美術館学芸員の副田一穂さんとのギャラリートークも行います。
会期:2017年3月22日[水]-6月4日[日]
会場:名古屋市東山植物園
2017.02.28
「近美をクリーンナップ!」
3月25日(土)に滋賀県立近代美術館にてワークショップ「近美をクリーンナップ!」を開催します。1984年に開館した滋賀近美には、これまでの展覧会などの活動を収めた写真が数多く残されています。ワークショップでは、日用品で掃除用具を制作し、当時の写真を手がかりにタイルや看板などの建築の細部、さらに野外彫刻作品のアレクサンダー・コールダー《フラミンゴ》や村岡三郎《Oxygen Shiga》にくっ付いた「かくれたよごれ」を清掃します。
日時:2017年3月25日[土]
会場:滋賀県立近代美術館
2016.11.08
「MEET THE ASIA-PACIFIC AREA」
12月10日(土)から国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」が開催されます。
今年の3月のシドニー・ビエンナーレへの出品に際して、文化庁の「新進芸術家海外研修制度・短期」の支援をいただいたつながりで、2017年1月28日(土)に座談会スペシャルトーク 「MEET THE ASIA-PACIFIC AREA」に登壇させていただきます。オーストラリアでのAPT8やシドニービエンナーレでの出品作や、オーストラリアとアジア圏のつながりなども紹介していければと思います。
日時:2017年1月28日[土] 14:00–15:30
出演者:金子富之、山内光枝、中村裕太
会場:国立新美術館 3 階研修室 A,B
2016.10.30
「近美をスクラッチ!」
11月3日(木・祝)に滋賀県立近代美術館で開催されている「常設展|グリッドの美学」の関連ワークショップ「近美をスクラッチ!」を行います。展示作品のパブロ・ピカソ《テーブル》(1910年)から着想を得たワークショップになります。当日は、展覧会を鑑賞してもらった後に、美術館の内外や周辺のエリアを散策しながら、近美の「表層」をスクラッチをして採集していく予定です。会期中に参加者との作品の展示も予定しています。
日時:2016年11月3日[木・祝]
会場:滋賀県立近代美術館
2016.09.17
「瀬戸内国際芸術祭2016」
10月8日(土)から開催される瀬戸内国際芸術祭2016の秋会期(2016年10月8日[土]—11月6日[日])にAPP ARTS STUDIOとして参加します。「よなべのみやげ」と題した本作では、瀬戸内海に位置する香川県の高見島の旧高見小学校横の広場にて、煮炊きや陶器作り、入浴のできる「かまど」を制作しました。なお会期中のワークショップ「高見のみやげ」では、そのかまどを用いて高見島の鯛、蛸、貝という旬の食材にまつわるお土産作りを行います。
会期:2016年10月8日[土]—11月6日[日]
会場:高見島
2016.08.10
「タイルとホコラとツーリズム season3 《白川道中膝栗毛》」
2016年8月19日(金)から京都のGallery PARCにて、谷本研と中村裕太による「タイルとホコラとツーリズム season3 《白川道中膝栗毛》」を開催いたします。本展では、仔馬とともに白川街道(荒神口→山中町→滋賀里)を歩き、道中に出会う石仏に花を手向けた「キャラヴァン」の記録を中心に構成しています。会期中には「納涼!公開研究会|こどもと郷土-『北白川こども風土記』を読む2」や「山中町・重ね石を訪ねる路線バスツアー」を催します。
会期:2016年8月19日[金]-9月4日[日]
会場:Gallery PARC
2016.08.01
「あいちトリエンナーレ2016|虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」
2016年8月11日(木・祝)から愛知県で開催される「あいちトリエンナーレ2016|虹のキャラヴァンサライ 創造する人間の旅」に参加します。本展では、日本各地の陶器にまつわる場所の河川や海岸などから収集した陶片を用いた《Atlas of Japanese Ostracon》を出品します。
会期:2016年8月11日[木・祝]-10月23日[日]
会場:愛知県美術館10F
2016.05.01
「KAAT突然ミュージアム2016」
2016年5月11日(水)から神奈川芸術劇場で開催される「KAAT突然ミュージアム2016」に参加します。5月14日(土)には「横浜看板観光」と題して、山下居留地周辺の「看板」をめぐるツアーも開催します。
会期:2016年5月11日[水]-5月29日[日]
会場:神奈川芸術劇場
2016.04.30
「3331 Art Fair 2016 -Various Collectors Prizes-」
2016年5月11日から開催される「3331 Art Fair 2016 ‒Various Collectors Prizes-」に参加します。森美術館チーフキュレーターの片岡真実さんからご推薦をいただき、《タイルホコラツーリズム》のシリーズを出展します。
会期:2016年5月11日[水]-5月15日[日]
会場:アーツ千代田 3331 1階メインギャラリー
2016.04.01
京都精華大学公開講座ガーデン「うつわと植木の鉢あわせ」
本講座では、手びねり技法による〈植木鉢〉を作ります。初回には、粘土をひも状にのばし、積み上げていくことで植木鉢と受け皿を成形します。二回目には、植木鉢の表面に装飾を加え、釉薬を掛けて焼成します。三回目には、園芸店にて植木を選び、焼き上げた器に鉢植えを行います。
日時:2016年6月11日[土]/6月18日[土]/25日[土]
会場:京都精華大学
2016.03.28
芦屋市立美術博物館 びはくルーム「浜辺のみやげ」
芦屋市立美術博物館で開催するアートスタディプログラム「Bihaku Room/びはくルーム」にて、「浜辺のみやげ」というフィールドワークを行います。芦屋の浜辺を散策し、河川や海岸に流れ着いた陶片、貝殻、流木、プラスチックなどを採集します。その後、それらの漂流物を組み合わせて、その土地のおみやげを作ります。
日時:2016年4月23日[土]10:30~16:00
会場:芦屋市立美術博物館
2016.03.17
「20TH BIENNALE OF SYDNEY」
2016年3月18日(金)より、オーストラリア・シドニーにて開催される「20TH BIENNALE OF SYDNEY」に参加します。本展では、日本各地の陶器にまつわる場所の河川や海岸などから収集した陶片を用いた《Atlas of Japanese Ostracon》を出品します。3月19日(土)11時30分よりアーティスト・トークを行います。
会期:2016年3月18日[金]- 2016年6月5日[日]10:00-17:00
会場:キャリッジワークス
2015.10.31
「THE 8TH ASIA PACIFIC TRIENNIAL OF CONTEMPORARY ART」
2015年11月21日(土)より、オーストラリア・ブリスベンのクイーンズランド・アートギャラリー|ブリスベン近代美術館にて開催される「THE 8TH ASIA PACIFIC TRIENNIAL OF CONTEMPORARY ART」に参加します。同展では、京都市内に局所的に点在するいわゆる「タイルホコラ」のリサーチを元にした《タイルホコラツーリズム》を出品します。またオープニングウィークエンドの22日(日)の15時より「民俗と建築にまつわる工芸」というタイトルにて日本の工芸文化と自作についてお話させていただきます。
会期:2015年11月21日[土] - 2016年4月10日[日] 10:00 - 17:00
会場:クイーンズランド・アートギャラリー|ブリスベン近代美術館
2015.10.31
谷本研・中村裕太「タイルとホコラとツーリズム|お地蔵様を運ぶプロジェクト」
2015年11月15日(日)ゼスト御池にて、「タイルとホコラとツーリズム|お地蔵様を運ぶプロジェクト」を開催いたします。本プロジェクトは、京都市主催の「みんなでつくろう!京の地蔵盆」の一環として、タイルとホコラとツーリズムの谷本研さんと参加します。お昼ごろに壬生寺でお地蔵様をお借りし,ゼスト御池の会場まで二人で歩いて運びます。会場では、二人が道中の路傍祠などを紹介していく模様をライブ中継します。15時ごろに会場に到着後は,お地蔵様をお祀りし,読経、お化粧、数珠まわしなどを行います。
会期:2015年11月15日[日] 13:00 - 15:00
会場:ゼスト御池
2015.09.25
京都精華大学公開講座ガーデン「取っ手のついたグラタン皿」
本講座では、オーブン料理に使用できる〈取っ手のついたグラタン皿〉を作ります。初回には、手びねり技法を用いて、粘土をひも状にのばし、積み上げていくことでお皿と取っ手を成形します。二回目には、グラタン皿の高台を削り、片口や取っ手などを取り付けていきます。また、料理を取り分けるための陶製のスプーンの制作も行います。三回目には、グラタン皿にステンシル技法を用いて文様を刻み、釉薬を掛けます。最終回には、グラタン皿にオーブン料理などを盛りつけて茶話会を行います。
日時:2015年11月28日[土]/12月5日[土]/12日[土]/19日[土]
会場:京都精華大学
2015.07.29
谷本研・中村裕太「タイルとホコラとツーリズムseason2
《こちら地蔵本準備室》」
8月15日[土]より、ギャラリーパルクにて「タイルとホコラとツーリズム」展を開催いたします。街で目にする地蔵菩薩や大日如来などのホコラ(路傍祠)の生態系に着目し、屋根裏の準備室として様々な資料を蓄積し閲覧できる〝ホコラテーク〟を出現させます。お地蔵さまにまつわる活動をする方々から提供された文献や物品をはじめ、多治見市モザイクタイルミュージアムのコレクション、これまでに制作してきた造作物や文献などを所狭しと陳列します。
会期:2015年8月15日[土] - 30日[日] 11:00 - 19:00
*月曜日休/金曜日は20:00まで/最終日は18:00まで
会場:Gallery PARC
2015.07.15
APP ARTS STUDIO vol.16「時季のよそおい#2—季のある食卓」
Art Lab Oceanとozasahayashi_project /KYOTO ART HOSTEL kumagusukuにて、APP ARTS STUDIO vol.16「時季のよそおい#2—季のある食卓」を開催します。本プログラムでは、ゲストに宍倉慈をお招きし、APPの山極千真沙企画によるAPP WORKSHOP & TALK〈夏を味わう・粉引きの板皿 〉を行います。
日時:2015年8月2日[日] 13:00 - 17:00/8月23日[日] 13:00 - 15:00
会場:Art Lab Ocean(第一回)・ozasahayashi_project /KYOTO ART HOSTEL kumagusuku(第二回)
2015.07.08
APP ARTS STUDIO vol.15「あそびのかたち」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.15「あそびのかたち」を開催します。本プログラムでは、ゲストに軸原ヨウスケさん(COCHAE)をお招きし、APPの安藤隆一郎企画によるAPP WORKSHOP & TALK〈古典的な<あそびのかたち>の魅力を探る〉を行います。
日時:2015年7月25日[土] 16:00 - 18:00
会場:Art Lab Ocean
2015.06.16
「知らない都市―INSIDE OUT」
7月4日(土)より、京都精華大学ギャラリーフロールにて、『知らない都市―INSIDE OUT』を開催いたします。都市における空間・想像・リアリティの新たな可能性について、アート、生活工芸、建築、身体表現など、多様な文脈と表現手段で発信を続ける伊藤存、contact Gonzo、志賀理江子、dot architects、中村裕太の作品やプロジェクトを紹介します。19日には〈タイルホコラ〉の街歩きのツアーも行います。
会期:2015年7月4日[土] – 8月2日[日] 11:00 - 18:00 日曜日休館
*8月2日(日)は開館/入場無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
2015.05.04
APP ARTS STUDIO vol.14「具のつかい道」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.14「具のつかい道」を開催します。本プログラムでは、現代美術作家の伊藤存さんをお招きし、街中にある使い道のよくわからない道具を〈みること〉から〈つかうこと〉へと発展させていくプログラムになります。
日時:2015年5月23日[土]/5月31日[日] 13:00 - 18:00
会場:Art Lab Ocean
2015.04.01
京都精華大学公開講座ガーデン「漆と陶の菓子器」
江戸時代には、菓子や料理を盛りつけるために〈角皿〉というかたちが発展しました。本講座では、まず粘土を用いて、板づくりの角皿を成形します。次に、その角皿の側面に型紙を用いて染付の文様を施します。さらに、多彩な漆を絵の具のように用いた〈うるし絵〉の技法によって、角皿の表面に絵柄や文字などを描いていきます。最終回には、角皿に菓子などを盛りつけて茶話会を行います。
日時:2015年7月4日[土]/11日[土]/18日[土]/25日[土]
会場:京都精華大学
2015.03.01
APP ARTS STUDIO「SUUJIN MAINTENANCE CLUB」
APP ARTS STUDIOでは、PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭特別連携プログラム「still moving」展に出品しているRADの企画「SUUJIN MAINTENANCE CLUB」に参加します。元・崇仁小学校を舞台に建築家、アーティスト、来場者らとの協働による都市空間への「メンテナンス」をアーカイブすることによって、都市に関わるための様々な術=アートを浮かび上がらせるプログラムになります。
日時:2015年3月7日[土]/5月10日[日] 12:00 - 18:00
会場:元・崇仁小学校
2014.12.22
伊藤存・中村裕太「知らない都市 distant neighborhood」
2月1日[日]より、伊藤存・中村裕太「知らない都市 distant neighborhood」を開催いたします。私たちが暮らす都市における空間・想像・リアリティの新たな拡張について、それぞれの表現活動を通して発信を続ける作家、伊藤存と中村裕太を紹介します。彼らの視線は、見慣れたはずの都市空間について見る者の感覚を静かに揺さぶり、私たちを「知らない都市」へといざないます。2月1日[日]には伊藤存さんとのトーク・イベントも行います。
会期:2015年2月1日[日] - 8日[日] 12:00 - 19:00 *会期中無休/入場無料
会場:kara-S/つくるビル104A
2014.12.01
APP ARTS STUDIO vol.13「工芸と建築」
KYOTO ART HOSTEL kumagusukuにて、APP ARTS STUDIO vol.13「工芸と建築」を開催します。本プログラムでは、今村源さんと田中信行さんをお招きし、「life/art」展(2001-2005)を振りかえりながら、今日における両者の作品制作、工芸観の変化についてお話ししていただきます。
日時:2014年12月13日[土] 17:00 - 19:00
会場:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
2014.11.23
松井利夫・上田篤・中村裕太「醤油のうつわ、石のうつわ」
12月9日[火]より、ギャラリー恵風にて「醤油のうつわ、石のうつわ」展を開催します。おしょうゆ焼きとは小豆島の醤油かすをブレンドした土で作った器に醤油を塗って焼成した火色を楽しむ焼物です。マントル直結焼きとは世界的に希少なマントル直結安山岩(小豆島産)を釉薬に仕立てた美しいオリーブ色に発色する焼物です。今回は小豆島産の醤油と石を使った焼物と島の人々との「ひと夏の島の思い出」をお披露目したいと思います。
会期:2014年12月9日[火] - 14日[日] 12:00 - 19:00 *最終日のみ18:00まで
会場:ギャラリー恵風
2014.11.21
WebマガジンAMeeT「タイルホコラツーリズム ―信仰を観光する」
一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団が発行・運営するWebマガジンAMeeT(アミート)のコラムに、「タイルホコラツーリズム ―信仰を観光する」を寄稿しました。
2014.11.10
KYOTO ART HOSTEL kumagusuku「OPENING WEEK」
12月下旬の本オープン予定のKYOTO ART HOSTEL kumagusukuにて、11月28日[金] – 12月7日[日]の10日間限定で一般公開いたします。築60年以上の木造建築を、dot architectsの設計、UMA/design farmによるデザインで改築。第一回目の企画展としてアートコーディネーターの奥脇嵩大氏を招きグループ展「光の洞窟」を開催いたします。さらに、工芸の家(安藤隆一郎、石塚源太、染谷聡、中村裕太)によってクマグスク各所に施された工芸的な建築意匠(塀、階段、柱、三和土)も併せて公開します。
会期:2014年11月28日[金] - 12月7日[日]11:00 - 20:00 *入場無料
会場:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
2014.11.01
ジャパン・ソサエティレクチャー「The Next Big Thing! Five Contemporary Japanese Artists」
国際交流基金若手クリエーターアート派遣にて、11月9日から15日の間でアメリカ(ニューヨーク/ロサンゼルス)に行きます。ニューヨークでは、国際交流基金とジャパン・ソサエティ共催のイベント「The Next Big Thing! Five Contemporary Japanese Artists」でプレゼンテーションを行います。近代日本の工芸文化とその周縁とされてきたタイルや陶片を用いた自作について発表します。
日時:2014年11月11日[火] 18:30 - 20:00
会場:ジャパン・ソサエティ
2014.10.31
APP ARTS STUDIO vol.12「時季のよそおい♯1」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.12「時季のよそおい♯1」を開催します。本プログラムでは、宍倉慈さんをお招きし、陶器の二段重箱を制作し、おせちの盛り付け方や素材の縁起についても学んでいきます。
日時:2014年11月23日[日]/12月7日[日] 13:00 - 18:00
会場:Art Lab Ocean
2014.10.15
タイル・陶壁プロジェクトシンポジウム「タイル・陶壁をとおした街の発見」
11月8日[土]に愛知県陶磁美術館にてシンポジウム「タイル・陶壁をとおした街の発見」を開催します。本シンポジウムでは、私たちの暮らしや街とのつながりの深いタイルやテラコッタ、そして陶壁の調査を行い、街の歴史や暮らしへの視点の発見を目指します。タイルの研究の現状から制作の舞台裏、そして街とタイル・陶壁の関係について話し合っていきます。
日時:2014年11月8日[土] 10:30 - 15:45
会場:愛知県陶磁美術館
2014.10.01
Saga Media Arts Project 2014「Media Butterfly in Arita」
11月1日[土]より、佐賀県有田町にて「Media Butterfly in Arita」が開催されます。有田焼創業400年を2016年に控え、有田の新たな魅力発見のきっかけとして有田の伝統的な街並みとメディア芸術が融合するアートプロジェクトです。
会期:2014年11月1日[土]- 23日[日] 9:00 – 17:00
会場:赤絵町工房
2014.09.24
京都銭湯芸術祭2014「湯沸かしサミット」
9月27日[土]より、「京都銭湯芸術祭2014」が京都市北区・上京区にある銭湯8店舗にて開催されます。10月5日[日]12:00より、門前湯での〈湯沸かしサミット〉に参加させていただきます。『京都極楽銭湯案内』の著者である林宏樹さんと銭湯ペンキ絵師の田中みずきさんとお話させていただきます。
日時:2014年10月5日[日] 12:00 - 13:30 *入場無料/定員40名
会場:門前湯
2014.09.16
APP ARTS STUDIO vol.11「土をつく床」
KYOTO ART HOSTEL kumagusukuにて、APP ARTS STUDIO vol.11「土をつく床」を開催します。本プログラムでは、左官職人の萩野哲也さんと建築家の木村慎弥さんをお招きし、三和土という工法によってタイル片を施工していきます。
日時:2014年9月28日[日] 9:00 - 17:00
会場:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku
2014.09.01
京都精華大学公開講座ガーデン「印判の染付け皿づくり」
本講座では、明治期に発展した〈印判手〉と呼ばれる文様を量産するための絵付技法をもとに、染付の絵皿(5枚組)を作ります。制作では、石膏型に粘土を押し付けて器を成形し、シルクスクリーン技法を用いて古典文様などの転写紙を器に転写します。最終回には、窯出しをした器に菓子などを盛りつけて茶話会を行います。
日時:2014年11月22日[土]/29日[土]/12月6日[土]/13日[土]
会場:京都精華大学
2014.08.25
APP ARTS STUDIO vol.10「かみこに学ぶ」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.10「かみこに学ぶ」を開催します。本プログラムでは、池邉祥子さんをお招きし、かみこのクラッチバック制作を通して、現代における紙衣の魅力を学びます。
日時:2014年9月14日[日] 13:00 - 17:00
会場:Art Lab Ocean
2014.07.21
谷本研・中村裕太「タイルとホコラとツーリズム」
8月14日[木]より、ギャラリーパルクにて「タイルとホコラとツーリズム」展を開催いたします。京都市内で目にする地蔵菩薩や大日如来などのホコラ路傍祠。特に街角で見かける内装タイルで装飾された〈タイルホコラ〉に注目し、建築・工芸・民俗の観点からのリサーチをもとに、路傍で採取したタイル片を用いた盆棚を会場内に組み上げます。会期中にはホコラを巡るツアーやトーク・イベントも開催します。
会期:2014年8月14日[木] - 24日[日] 11:00 - 19:00
*月曜日休/金曜日は20:00まで/最終日は18:00まで
会場:Gallery PARC
2014.07.18
アート小豆島・豊島2014「馬木の寺子屋|民藝の時間」
「アート小豆島・豊島2014」の関連イベントとしてUmaki campにて松井利夫+上田篤+中村裕太による「馬木の寺子屋|民藝の時間」というプログラムを開催いたします。8月9日[土]、10日[日]には、小豆島の土に醤油かすをブレンドした土を使用し、釉薬の代わりに醤油を塗って美しい火色を楽しむ「おしょうゆ焼き」をつくるワークショップを行ないます。また家庭に眠っている焼き物、捨てるに捨てられない焼き物を無料で回収し「おしょうゆ焼き」の器との交換会を行ないます。9月13日[土]、14日[日]には小豆島原産の「マントル直結型安山岩」を使った焼き物と郷土料理の交換会を行います。
日時:2014年8月9日[土]/8月10日[日]/9月13日[土]/9月14日[日]
会場:Umaki camp
2014.07.03
APP ARTS STUDIO vol.9「手工の住家」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.9「手工の住家」を開催します。本プログラムでは、伊達伸明さんと林洋子さんをお招きし、職人や居住人、さらに美術家による〈家にまつわる手しごと〉から、今日の工芸制作の方法を探っていきます。
日時:2014年7月19日[土] 13:00 - 19:00
会場:Art Lab Ocean
2014.07.02
成安造形大学美術領域レクチャー
本講演では、〈工芸外の工芸〉という視点から、工芸の歴史を解きほぐしつつ、その実践としてのタイルや陶片などを用いた制作を紹介していきます。また、APP ARTS STUDIOという教育プログラムの運営を通した工芸文化の拡張の方法についてお話していきます。
日時:2014年7月26日[土] 13:30 - 14:50
会場:成安造形大学
2014.06.01
OUR SCHOOL「HAPSの壁づくり」
HAPSのワークショップによって作られた「タイルの壁」、「土壁」、「木の壁」などを振り返りながら、タイル、土、木材などの素材の話から、それぞれの専門領域である工芸、建築、舞台などにおける「壁」にまつわるエピソードをお話していきます。
日時:2014年6月28日[土] 19:00 - 21:00
会場:HAPSオフィス
2014.05.20
京都精華大学芸術学部サマースクール「秋を食すテーブルウェア」
APP ARTS STUDIOでは、京都精華大学芸術学部サマースクール|アートアクセサリー講座「秋を食すテーブルウェア」をメンバー(染谷聡/中村裕太/山極千真沙/芳木麻里絵)にて担当いたします。
日時:2014年8月23日[土]/24日[日]/30日[土]/31日[日]/9月6日[土]/7日[日]
会場:京都精華大学
2014.04.01
京都精華大学公開講座ガーデン「ガラスのお弁当箱づくり」
本講座では、パート・ド・ヴェール技法を用いて、ガラスのお弁当箱を作ります。制作手順は、まず弁当箱の原型を厚紙や粘土で作り、石膏で型取りします。次にカッティングした板ガラスを石膏型に敷き詰め、窯で焼成します。最終回には、旬の味覚を炊き込んだご飯などを弁当箱に盛りつけていきます。
日時:2014年5月17日[土]/24日[土]/31日[土]/6月7日[土]
会場:京都精華大学
2014.02.25
APP ARTS STUDIO vol. 8「漆のかざりとかたち」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.8「漆のかざりとかたち」を開催します。今回のプログラムでは漆を扱う染谷聡と石塚源太が、漆芸における装飾技法である〈うるし絵〉と造形技法である〈乾漆〉を用いて、それぞれの器に展開した漆のかざりとかたちを体験して頂きます。
日時:2014年3月15日[土]/3月22日[土] 12:30 - 17:00
会場:Art Lab Ocean
2014.02.24
APP ARTS STUDIO vol.7「工芸家の家」
河井寬次郎記念館にて、APP ARTS STUDIO vol.7「工芸家の家」を開催いたします。今回のプログラムでは、鷺珠江さんと土田眞紀さんをお招きし、陶工・河井寬次郎(1890-1966)が、1937(昭和12)年に設計した自邸や竹家具などの室内装飾を中心に、近代の工芸家たちが〈家〉にどのような生活への思考と工芸的な意匠を取り入れてきたのかを探っていきます。
日時:2014年3月15日[土] 18:00 - 20:00
会場:河井寬次郎記念館
2014.01.20
OUR SCHOOL 都市表層研究所テグラ 街角タイルの採集と補修
HAPSのOUR SCHOOLにて“都市表層研究所テグラ 街角タイルの採集と補修”というワークショップを開催します。本ワークショップでは都市表層研究所テグラ[中村裕太/本間智希/佐藤守弘]とともに、街角の町家やタバコ屋、喫茶店の店先に張られたタイルのほころびに紙を当て、鉛筆で擦ることでその表皮を採集します。タイルの剥離した物件があれば、かつて貼付けられていたタイルを思い描きながら、自作のタイルで補修し、街角を飾り立てます。
日時:2014年2月9日[日] / 2月23日[日] / 3月9日[日] / 3月23日[日] 13:00 – 17:00
会場:HAPSオフィス
2013.11.06
APP ARTS STUDIO vol.6「写しの技法」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.6「写しの技法」を開催します。今回のプログラムでは日本文化における「写し」に焦点をあて、陶器のお茶碗にシルクスクリーン転写で絵付けをするワークショップと、京都西陣の唐紙工房「かみ添」の店主兼唐紙職人である嘉戸浩さんをお招きして、文様にみる写しの文化についてのゲスト・トークを開催します。
日時:2013年12月1日[日] / 8日[日] / 15日[日] 13:00 – 18:00
会場:Art Lab Ocean
2013.09.13
六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展
六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために
9月21日から開催される『六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト』にて白色タイルを用いた新作を発表します。六本木クロッシングは、日本のアートシーンを総覧する3年に一度の展覧会シリーズです。4回目となる本展では、東日本大震災以降明らかに高まっている社会的な意識を反映しつつ、日本の現代アートの「いま」を、歴史やグローバルな視点も参照しながら問いかけます。
会期:2013年9月21日[土] – 2014年1月13日[月・祝]
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
2013.09.06
APP ARTS STUDIO vol.5「包みの文化#1」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.5「包みの文化#1」を開催します。今回のプログラムでは日本の「包む」という文化に焦点をあて、蝋染による風呂敷制作のワークショップと、山田悦子さん(京都和文化研究所 むす美 アートディレクター)をお招きし、風呂敷に込められた日本人の美意識やこころについてのトークを開催します。
日時:2013年9月22日[日] 12:30 – 19:00
会場:Art Lab Ocean
2013.08.23
APP ARTS STUDIO vol.4「伝える触感」
Art Lab Oceanにて、APP ARTS STUDIO vol.4「伝える触感」を開催します。今回のプログラムでは「印刷」に焦点をあて、シルクスクリーン技法のワークショップと、築山万里子さん(アサヒ精版印刷株式会社)をお招きし、プリンティング・ディレクターという仕事についてのトークを開催します。
日時:2013年9月8日[土] 12:30 – 19:00
会場:Art Lab Ocean
2013.06.02
APP ARTS STUDIO vol.3「かぶくとあそび」
帯匠「誉田屋源兵衛」にてAPP ARTS STUDIO vol.3「かぶくとあそび」を開催します。今回のプログラムでは、日本の「遊び」や「傾く(かぶく)」に焦点をあて、らくがき加飾の漆椀のワークショップと帯匠「誉田屋源兵衛」代表である山口 源兵衛さんをお招きし、文様にみる数寄者達の系譜についてお話いただきます。
日時:2013年7月20日[土] 12:30 – 19:00
会場:帯匠「誉田屋源兵衛」
2013.05.30
APP ARTS STUDIO vol.2「繕いの発想」
Art Lab OceanにてAPP ARTS STUDIO vol.2「繕いの発想」を開催します。今回のプログラムでは、「繕うこと」に焦点をあて、金継で作る陶片アクセサリーのワークショップと、ギャラリー啓オーナーの川崎啓さんをお招きし、日本の衣服の歴史、素材の再生についてお話いただきます。
日時:2013年6月15日[土] 14:00 – 21:00
会場:Art Lab Ocean
2013.04.24
APP ARTS STUDIO vol.1「富本憲吉の工芸制作の方法」
2013年4月よりapplied arts(応用芸術)としての「工芸」を作り手の視点から読み解くことを目的とした〈APP ARTS STUDIO〉というプロジェクトを運営します。初回のプログラムでは、陶印づくりのワークショップと富本憲吉文化資料館館長の山本茂雄さんをお招きし、近代工芸の先駆者である富本憲吉の「小芸術」という工芸制作の方法について考えていきます。
日時:2013年5月5日[日] 10:00 – 16:00
会場:Art Lab Ocean